学校生活

演劇部

  • べっかんこ鬼

演劇部

 劇作りを通じて、表現の楽しさ、心と体を解放する楽しさ、仲間作りの楽しさを追求します。平日の16:45~18:50が活動時間。学習時間の確保を図ります。大会は年に2回。夏と冬でそれ以外にも、学園祭公演や自主公演があります。「演劇に脇役はない」をモットーに仲間を大切にする活動をしています。キャスト(俳優)、演出、舞台監督、音響、照明、衣装・メイク・小道具、舞台装置と、興味に応じて役割を担当します。学校行事の照明を担当したり、模擬店やバーベキューなどの交流も多くあります。

(顧問:黒田啓一)

近年の活動

 

2016冬「strange走れ変人部」穂の国芸術劇場 2013夏「ひととせ」穂の国芸術劇場
2016夏「マクベス」 穂の国芸術劇場 2012冬「灰色狼と少女」御津ハートフルホール
2015冬「べいべー」御津ハートフルホール 2012夏「べっかんこ鬼」御津ハートフルホール
2015夏「リア王」穂の国芸術劇場 2011冬「トシドンの放課後」御津ハートフルホール
2014冬「トシドンの放課後」御津ハートフルホール 2011春季研究全国大会 中部地区代表 仙台広瀬文化センター 出場
2014夏「笑ってよゲロ子ちゃん」      穂の国芸術劇場 2011冬「ちいさいタネ」三重文化センター

 

2018学園祭演劇部公演チラシ

ページの先頭へ