学校生活

バドミントン部(男子)

Badminton

「狷介孤高」(読み:けんかいここう):高い理想と品位で、誰に何と言われようと己の信じた道を突き進む

「常に全力」

カメがうさぎを倒す。初心者が経験者を倒す。今までずっと勝てなかった相手を倒す。そして、強豪校を撃破する。まさに「ジャイアントキリング:番狂わせ、大物食い」を目指すのが「気合いと根性」の男バドだー! JK(準備と確認)を怠らず、KY(ここまでやるか)、為せばな成るの精神で、「もう一度全国大会」が目標です。(監督:田中章裕)

施設・設備

専用コート6面(第2体育館内)・専用部室・寮完備

近年の成績等

         

平成6年度 愛知県高等学校 総合体育大会 団体 第3位(全員地元 初心者で東海大会初出場)
平成14~16年度 インターハイ出場 個人戦ダブルス 3年連続 愛知県準優勝
平成28年度 愛知県高等学校 新人体育大会 団体3位(ほぼ初心者で全員地元 
 11年ぶり11回目の東海大会出場)
平成29年度 愛知県高等学校 総合体育大会 団体3位 連続東海大会出場
平成30年度 愛知県高等学校 総合体育大会 団体4位
全日本教職員バドミントン大会
全日本シニアバドミントン大会
監督:田中章裕(優勝2回 第2位5回 第3位3回)
監督:田中章裕(第3位)

バドミントン部紹介記事

こちらをご覧ください

フットワーク 豊川高校男子バドミントン部

ページの先頭へ