TOYOKAWA NEWS

「卒業献血」

「卒業献血」を実施しました。
 血液不足が深刻となる冬の季節、「卒業献血」として毎年3年生に献血を呼びかけています。
若者の献血者が減少傾向にある中、今年は150 名もの生徒から参加表明がありました。
初めて献血をする生徒も多く、緊張している生徒もありましたが、献血を行った後には
「血液を必要としている誰かのために自分が役に立てた」という実感が持てたのではないでしょうか?
日頃の学校生活では得られない貴重な経験となりました。

ページの先頭へ