TOYOKAWA NEWS

演劇部 豊川海軍工廠劇 平和へのメッセージ

 去る8月1日(土)・2日(日)に演劇部が鳳翔閣で、学内公演をしました。
 演目は、8月7日の豊川海軍工廠空襲慰霊の日に関して、海軍工廠空襲を扱った創作作品「すけっちぶっく」です。
 主人公のあかねは絵は好きな女学生。戦争が激しくなり、学徒として海軍工廠で働くことになります。厳しい生活の中、そこで出会った2人の友人と紙芝居を創作します。ささやかな幸せの中、空襲の日を迎えることに・・・。
 戦争の理不尽さ、平和への願いを込めた作品です。学内の多くの先生方、生徒のみなさんが足を運んで下さいました。また、機会があれば、再演をします。
  8月7日に起きた出来事を、戦争を知らない世代に少しでも伝えていきたい、という思いで、演劇部はこれからも活動していきます。

ページの先頭へ