TOYOKAWA NEWS

学校再開ガイドライン(豊川高校版)

文科省「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」と 「学校の新しい生活様式」 厚労省「新しい生活様式」に則り豊川高校版ガイドラインを作成しました。以下のような対応をお願いいたします。

【感染症対策としての3つのポイント】
・感染源を絶つこと
・感染経路を絶つこと
・抵抗力を高めること

【新しい生活様式】
・人と人との間はできるだけ2m(最低 1m)空ける。
・必要以上に大きい声での会話は慎む。
・学内にいる時や会話をする時は、マスクを着用する。
・接触感染の対応として、手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う。

1 【家庭での健康管理】
・起床、就寝時の検温と登校時の体調確認をお願いします。
・発熱、風邪などの症状がある場合は、自宅で療養してください(出席停止)。
・健康観察票の記録
 起床、就寝時の検温、体調の確認をして健康観察票への記録をお願いします。
 出席停止の際には、健康観察票を提出していただきます。
・免疫力を高めるために、日常生活の中で十分な睡眠、バランスの良い食事など健康管理に努めてください。
・帰宅時のうがい・手洗い・洗顔の励行をお願いします。

2 【登下校について】
・公共交通機関利用者
 マスク着用の上、ソーシャルディスタンスをとり、会話を控えてください。
・自家用車などによる送迎
 安全かつ周辺住民、他の車両などの迷惑にならない場所で停車をしてください。特に、幹線道路での乗り降りは危険ですので絶対におやめください。
・自転車、徒歩
 周囲の安全に気をつけながら登下校してください。

3 【学内での過ごし方】
・3密を防ぎましょう。
 ①換気の悪い密閉空間にしない。
 ②手の届く距離に多くの人が集まらない。
 ③マスクを着用し近距離での会話や大声での発声をできる限り控える。
・手洗い、手指消毒、うがい、洗顔をこまめに行ってください。
 手洗いは主に 6つのタイミングで行ってください。
 ①外から教室に入る時
 ②トイレの後
 ③昼食の前後
 ④掃除の後
 ⑤咳やくしゃみや鼻をかんだ後
 ⑥共有のものを触った時
・タオル、ハンカチは個人で用意をし、共用は避けてください。

4 【昼食時について】
・昼食時の座席は、授業と同じ配置とし、対面やグループで食事を取らないでください。
・食事前には手洗い(手指消毒)をしてください。
・食堂は、しばらくの間 3 限放課と昼休みのテイクアウトのみとします。
 密を避けるために、食券の購入は登校時、各放課を利用してください。
 購入時は適度な距離をとり、整然と並び、必要以上に会話をしないでください。

5 【部活動について】
・練習前後の手洗い、消毒を行ってください。
・練習前に検温を行ってください。
・発熱、体調不良の時は練習に参加できません。
・更衣は、部室などが密にならないように交代制で行ってください。
・共有する道具などは、練習前後で消毒をしてください。
・飲料水の回し飲みはやめてください。

6 【出席停止について】
・出席停止となる場合には、健康観察票と出席停止届けの提出をお願いします。
・以下のような場合は出席停止とします。
 ①発熱や風邪などの症状がある場合
 ②息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
 ③糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD など)などの基礎疾患があり、発熱や咳などの風邪の症状がある場合
 ④透析を受けており、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
 ⑤免疫抑制剤や抗がん剤等を用いており、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
 ⑥②~⑤のような重症化しやすい方が身近にいて生徒の登校により感染の心配がある場合
 ⑦本人、家族、同居者が感染者または濃厚接触者になった場合
・上記に該当せず判断が難しい場合は、学校(担任)へ連絡してください。

7 【心のケアについて】
・学校再開後についても、感染に対する不安や恐れやそれに関連する多種多様な心理的ストレスがあれば、担任、養護教諭、部活動顧問などに相談してください。
・スクールカウンセラーへの相談を希望される場合には、担任などを通じて申し込んでください。

ページの先頭へ