TOYOKAWA NEWS

全教職員を対象とした刺股(さすまた)講習会を実施


 令和元年10月17日(木) 、豊川警察署より警察官の方々を招き、本校第2体育館にて全教職員を対象とした刺股(さすまた)講習会を実施しました。
 講習会では、刺股(さすまた)を用いた不審者の取り押さえ方などを実践し、不審者が侵入した際の対処法などを学びました。刺股(さすまた)とは、2~3メートルの柄の先が二股に分かれている防犯対策用の道具で、侵入者等の首や腕などを抑え込み、動きを封じることを目的に使用します。武器や刃物を持っている相手にも一定の距離を保ち、安全に対処することができます。
 本校では今後も、防犯・防災への意識を高め、学校安全を推進する取り組みを強化していきます。

ページの先頭へ