TOYOKAWA NEWS

マラソン安藤友香選手、水泳森山幸美選手、今井月(るな)選手の世界大会出場報告会

 5月30日に、日本代表となり世界大会の出場を決めた卒業生の安藤友香選手(スズキ浜松AC)、卒業生の森山幸美選手(日本体育大学3年)、同校2年の今井月選手の報告会が開かれました。

 安藤選手は、今年3月の名古屋ウィメンズマラソンで日本人最高、同歴代4位の2時間21分36秒で2位に入り、8月にロンドンで開かれる世界陸上選手権(マラソン)への代表選手として選ばれました。

 森山選手は、昨年9月、日本選手権オープンウオータースイミング10kmで優勝し、7月にハンガリーのプダペストで開かれる世界水泳選手権代表(同競技)に選ばれています。

 今井選手は、今年4月の日本選手権200m個人メドレーで標準記録を突破し2位に入り、世界水泳選手権出場(同競技)を決めました。

 3選手は全校生徒から激励を受けて、世界に挑む決意、活躍を誓いました。

 報告会後、記者会見が行われました。

 安藤選手はこの日、豊川市役所を表敬訪問し、山脇実市長にも活躍を誓っています。

 同日夜、水泳関係者による森山・今井両選手の壮行会が盛大に行われました。

 これからの3選手の活躍に厚い声援をよろしくお願いします!

 

 

 

ページの先頭へ