学校紹介

校長挨拶

「障子を開けてみよ、外は広いぞ」

principal-soma

 本学園は、昨年度学園創立90周年を迎えました。
宗教的精神に基づいて高潔な人格と強い信念を有する良識豊かな社会人を育成することを目標とした、伝統と校風を重んじる学園です。
 また、「和敬・信愛・利他・報恩」という建学の精神から生まれた校訓は、日々の諸活動のさまざまな場面において重要視された大切なものです。
 この先10年の間には少子化やさまざまな教育改革、さらなる国際化など我々を取り巻く環境は大きく変化していくことが予想されますが、こうした変化にも充分に対応できる人材の育成と教育の一層の充実に努めて行くことが、本校の使命であると考えます。建学の精神に即した人間教育をさらに実践し、個性や能力を充分に発揮できる教育環境を整えていきます。
「障子をあけてみよ、外は広いぞ」
 これは、私の生まれ育った郷土の偉人、豊田佐吉翁のことばです。
 90年の伝統を誇る豊川高校にも、「まだ見ぬ世界」がたくさんあります。
 現状に満足することなく思いきって障子を開ける取り組み始めていきます。
 本校では、明るく元気な挨拶が日常的に交わされ、学習・部活動・自主活動などさまざまな場面において生徒と教職員の活気が溢れています。
 また、全国に誇れる教育施設や設備が整い、自分の目標に向かって思う存分に活躍ができ挑戦できる学校です。千日の豊川高校での生活の先には今は予想も出来ないような世界が広がっていくことは間違いありません。
 ぜひ皆さんも豊川高校で自分の可能性に挑戦してください。

 豊川高等学校 校長 石田  潤

ページの先頭へ