学校紹介

豊川高等学校のあゆみ

本校の沿革

 明治15年 4月 豊川閣妙厳寺門子弟の教育機関として設置され、豊川閣家庭学校と称する。
 昭和 3年 4月 豊川学堂と改称し、閣内参籠堂を仮校舎として、旧制中学に準ずる夜間中学として開校。
 昭和 3年 7月 地方長官の認可を得て、閣外の子弟も入学。
 昭和 7年 3月 第1回卒業生を送る。
 昭和 9年 8月 地方長官の建築認可を得、豊川閣より移転し、愛知県宝飯郡豊川町也通72に、
          本館、講堂、校舎を新築する。(現在:豊川市駅前通2-27)

 kyu-kosya1

 昭和10年 1月 文部大臣より、専門学校入学者検定規定に依り専門学校入学に関し、
          中学校卒業者と同等以上の課程を有する者との認定を受ける。
 昭和14年10月 校旗を制定する。
 昭和15年 2月 定員を250名から500名に変更する許可を受け、校舎を1棟及び付属施設を新築する。
       4月 豊川夜間中学に校名を変更する。
 昭和18年 4月 中学校令による中学校設立の許可を受け豊川中学校(夜間部・昼間部併設)を開設。
 昭和22年 4月 学制改革により、新制中学校を併設する。
 昭和23年 4月 高等学校令により中学校と高等学校(高等学校は全日制と定時制(夜間部))となる。
 昭和32年 3月 豊川中学校を廃止する。
 昭和33年 4月 商業科を開設する。
 昭和39年 4月 本館及び管理棟が、豊川市末広通1-37(現在地)に完成する。

kyu-kosya2
 昭和40年 1月 北館が完成する。
             4月 全日制に女子部を開設する。(普通科2学級、商業科1学級)
 昭和47年 5月 体育館が完成する。
 昭和52年 3月 特別教室(会議室・資料室・被服室室・座禅堂)
       6月 第2体育館(柔剣道場)が完成する。
 昭和54年 6月 南館(鉄筋コンクリート4階建教室)校舎1棟が完成する。
 昭和56年 4月 室内温水プール(ソーラーシステム採用)が完成する。
 昭和57年 9月 総合グランド大改修が完了する。
 昭和59年 4月 研修センターが完成する。
 昭和59年 4月 能力開発センターが完成する。
 平成 元年 3月 女子部を廃止し、全学年男女共学となる。
 平成 2年 4月 通信制課程を開設する。
       7月 定時制課程に、3年コースを開設する。
 平成 7年 2月 中央学習館が完成する。(創立70周年記念事業第1期工事)
 平成 8年 2月 体育館が完成する。(同事業第2期工事)
 平成 9年 2月 龍象館(学習棟)が完成する。(同事業第3期工事)
 平成10年 2月 鳳翔閣・餐修館(食堂・トレーニングルーム)・温水プールが完成する。(同事業第4期工事)
 平成10年 5月 創立70周年記念式典および記念各行事が開催される。
 平成11年 4月 商業科の募集を停止し、普通科情報クリエイティブコースを開設する。
 平成13年 4月 全日制商業科を廃止する。清修館(合宿所)が完成する。
 平成14年 4月 和心庵(茶華道)を開設する。
 平成15年 3月 通信制課程の募集を停止する。
 平成18年 4月 全日制普通科に、スポーツ選抜コースを開設する。
      12月 寄宿舎(清修館)を増築する。
 平成19年 2月 修証館・第2体育館が完成する。
       3月 硬式野球部雨天練習場が完成する。
       4月 普通科総合コース・情報クリエイティブコースを文理教養コースに改組し、
          コース内にIT選抜クラスを開設する。
       6月 硬式野球場が完成する。
 平成20年 1月 総合グラウンドが完成する。
 平成20年 5月 創立80周年記念式典を開催する。
 平成22年 3月 通信制課程を廃止する。
 平成23年 4月 全日制特進コース(特進選抜クラス・特進クラス・スポーツ選抜クラス)と総合進学コース
          を開設する
 平成25年 4月 定時制課程の募集を停止する。
          

ページの先頭へ