特色ある教育

高大連携

豊川高等学校の高大連携事業

高大連携とは高等学校と大学が連携し、高校生が大学レベルの教育や研究内容に触れる機会を設けたり、各学部で学ぶ内容やその違いを説明するなどして、大学で学ぶ意欲を持たせる取り組みのことです。本校での高大連携事業は、現在次のような形で進んでいます。

 

2016年12月に,岡崎女子大学・豊橋創造大学・人間環境大学と高大連携協定を結びました。

アクティブ

 高校教育から大学教育へのスムーズな橋渡しができるように、授業や学校説明会、オープンキャンパスへの参加などを協力して進めていきます。

 来年度総合進学コース3年生において、保育・看護・心理3分野において上記3大学との連携授業を始めます。授業内容はそれぞれの分野の入門講座に当たるものです。大学進学後に必要とされる高校での教科力アップの演習で大学教育の基礎力を身につけ、大学の教授によるミニ講義の実施や施設見学などで高等学校では触れることのできない大学教育の一端に触れ、大学進学への意欲向上を図ります。

ページの先頭へ