特色ある教育

キャリア教育

キャリア教育

 豊川高校は、全日制普通科であり、生徒の進路希望は4年制大学を始め専門学校、就職と多種多様です。多様な進路希望をもつ生徒に対し、3つの視点でキャリア教育を進めています。

①あらゆる進路に関する情報を集め、実際に体験する。
 進学・就職の隔てなく大学見学やインターンシップを実施し、高校卒業後の進路に関する情報を偏ることなく集める。
②自己を見つめなおし、自己適性を理解し、自己目標達成の計画を立てる。
 様々な適性検査や進路講演、宗教行事を通じ、自己を客観的に見つめなおす。
③近視眼的な発想を排し、10数年後の社会に自らがどう関わっていくかを考える
 多くの情報の中から、自分に合った進路を決めるだけでなく、社会の中で自らがどう成長し、どう関わっていくかを考えるため、社会に関わる課題に取り組む。

 

主な取り組み

 総合進学コース

  1年 2年 3年
1学期 R-Cap(適性診断) インターンシップ テーマ学習  
2学期 大学見学 進路別説明会 進路確定に向けた取り組み
3学期 進路講演会 志望動機作成 思い出の記

 特進コース

  1年 2年 3年
1学期 R-Cap(適性診断) 大学研究室訪問 テーマ学習  
2学期 東京研修 学部学科調べ 進路確定に向けた取り組み
3学期 進路講演会 志望動機作成 受験対策

 

インターンシップ

病院での介護実習の様子

介護実習

東京研修

東京大学・早稲田大学を訪問
卒業生との交流の様子

バレー部

思い出の記

3年が自らの半生を振り返る

サッカー部

進路説明会

大学や専門学校の方から
直接説明を受ける機会

介護実習

進路講演会

全国の大学、企業から講師を
お招きして講演会を開催

バレー部

進路学習(職業パズル)

世の中にある職業を
楽しみながら学ぶ

サッカー部

ページの先頭へ