進路指導室から

合格者の声

Voice卒業生からのメッセージ

豊川高校に学んで

昼間輝一

特進選抜クラスH27年卒(蒲郡三谷中出身)
昼間 輝一

京都大学
理学部理学科 合格

いざ合格発表を見ようとすると、どうしても怖じ気づいてしまいました。そのため、合格がわかったときは、解放された気分になりました。

担任に薦められて京大を目指し始めた頃は、志望校を家族に言うことすら躊躇しました。先生方にアドバイスをいただいたり、お薦めの参考書・問題集を教えていただいたとき、「なるほど、いいな」と思ったことは、すぐに実行しました。そうしているうちに、できることが増えていきました。それでも、悩まされる問題もたくさんありましたが、苦手な科目であっても解いていて楽しいと思うようになりました。大学について調べ、大学生活を想像するうちに、「京大に行きたい」と思う気持ちは強くなりました。

センター試験では京大のボーダーに届かず、不安がる母と強気の担任に挟まれましたが、二次試験の科目毎に目標点を定めたことが一番の安心材料になりました。入試本番では実力を発揮でき、手応えも悪くありませんでした。大学入試を終えて思うことは、「どんなこともおもしろいと思えることが大事」ということです。

京大では、数学の研究をしようと考えていますが、物理学や化学の研究にも興味があります。入学後は、様々な分野の学問を学びながら、自分の専門分野を決めていきたいと考えています。

豊川高校に学んで

佐野友希

特進選抜クラスH27年卒(豊川代田中出身)
佐野 友希

名古屋大学
情報文化学部自然情報学科 合格

高校へ入学した頃から名古屋大学への進学を目標とし、常に向上心を持って勉強を続けてきました。豊川高校の少人数制の授業や自主学習センターは、私にとって最適の環境でした。先生方の熱心なご指導の下で、高い志を持った仲間とともに学習に励み、互いに高め合うことができました。苦しい時期もありましたが、3年間1日も欠かさずにやり続けた勉強が、名古屋大学への合格へ導いてくれたのだと思います。合格したときの喜びは、何にも代えがたいものでした。

後輩の皆さん、受験勉強は辛いですが、この合格の喜びを手に入れるためにも頑張って下さい。私は、高校での学習を通じて、継続する力と自信を得ることができました。大学合格は夢への実現の第一歩でしかありませんが、一つの目標を成し遂げられたことに自信を持って、さらに精進していきます。名古屋大学の情報文化学部では、文理融合型の授業と豊富な専門分野にわたる教授の下で情報リテラシーを身につけ、多くの人に役立つ研究をしていきたいと考えています。

豊川高校に入学して、本当に良かったです。3年間支えて下さった先生方や家族、クラスの仲間に心から感謝しています。ありがとうございました。

ページの先頭へ